CONCEPT|利便性のよい「高槻」を今、パナホームがThink

image

高槻をThink 「高槻」を見渡す丘、由緒ある国家公務員宿舎跡地。
READ MORE

大阪と京都を結ぶ中継地に位置する要衝の地、高槻。古くは弥生時代から人の生活が営まれ、現在では城下町としての風情を残しつつ、大阪府の主要都市としてさらなる発展を遂げています。その「高槻」を見下ろす丘・日吉台は、昭和30年代後半から低層住宅を中心とした開発がはじまりました。山の手住宅地の代表格、東京千代田区「番町」と同じ町名区分が為され、美しい街並みがつづく第一種低層住居専用地域が大半を占めています。その中心、四番町には開発当初より「国家公務員宿舎」が建てられ、跡地である本物件は用地転換にあたり「日吉台四番町地区 地区計画」が制定。景観と調和し、潤いのある街並みを保つ事が定められました。「国家公務員宿舎跡地」にパナホームの新たなる街「新区」が誕生します。

CLOSE

当時の国家公務員宿舎

開発当時の航空写真 ©国土地理院

住まいをThink 暮らしを見つめるパナホームの理想の結実
READ MORE

「住まいはお互い人間が生活をしていく上において一番大切なものである。それにふさわしい良い家をつくりたい。」 パナホームは、パナソニックグループの住宅会社として創業者である松下幸之助の住まいへの想いから1963年に設立されました。住宅を供給することが優先されていた当時に於いてもいち早く住宅の「快適性」に注目し、以後五十余年にわたり創業者の想いに基づき、住まいをつくり続けてきました。そして、この地「高槻日吉台四番町」を得て、新たな住まいのあり方を改めて見つめ、お手本になる街と住まいをつくろうと考えています。

CLOSE

計画・自然換気の原点『空気調節レジスター』を
採用した「松下1号型住宅」

創業者、松下幸之助の住まい
の理念を込めた「良家」。

街づくりをThink 家づくりから街づくりへ そして未来を見据えて
READ MORE

家づくりからスタートした私たちの事業は、やがて家の集合体、街づくりへと発展しました。1977年、大阪・枚方市に誕生した「枚方パナタウン」を端緒に、パナホームの街は全国へと広がっていきました。その長きにわたる街づくりの実績は21世紀になり、環境や街並みに配慮した「パナホーム・シティ」「パナホーム・スマートシティ」へと進化。いま、この地にも新たな未来を結実させようとしています。

CLOSE

パナホーム・スマートシティ 潮芦屋

スタイルをThink 暮らしの夢をここに
READ MORE

住む人によって住まい方は十人十色。「あなたと夢をごいっしょに」をスローガンにこれまで多くの住まいのくらし方をご提案してきた私たちパナホーム。「パナホーム・シティ高槻日吉台四番町」では、こだわりの住まいを実現する「プレミアム」、先進の技術を採用した「スマート」、ゆとりある暮らしを叶える「リフレ」、スタイルにこだわる「カフェ」、など様々なくらしのスタイルをベースに考え抜かれたプランと設備をご提案し、あなたの暮らしの夢を実現いたします。

CLOSE

image