返済シュミレーション






返済可能な物件価格は?


家づくりは生涯の大事業。どれだけお金を遣うのか、遣えるのかは、大まかなイメージでなく、ライフプラン全体を考慮して明確なラインを
つかんでおきたいものです。毎月の返済可能額と、自分や家族の年収から、あなたの場合の購入可能額を算出してみましょう。

家づくりにはある程度「勇気」や「思いきり」が必要ですが、
無理は禁物です。大切なのは「毎月どれくらいまでなら無理なく
払えるか」ということ。まずそこから、購入可能な価格を把握して
おきましょう。

自分や同居する家族の税込年収からみた購入可能額も
つかんでおきましょう。金融機関によっては収入合算者の年収を
半分程度しか認めてくれない場合や、適用金利も現在のもの
より高めに設定して貸出限度額を算出する場合もありますので、
それらを考慮した上で、入力する数字をいろいろ変えてシミュレー
ションしておきましょう。





提携銀行シミュレーション


更に詳しく、現在の標準金利をベースに資金シミュレーションを行う事が出来ます。以下のリンクから、提携銀行のシミュレーションページを
ご覧頂けます。


住友信託銀行 住宅ローン 返済シュミレーション

住信SBIネット銀行 住宅ローンシュミレーション

りそな銀行 住宅ローン早見版(シュミレーション)

みずほ銀行 ローンシュミレーション