“阪神間モダニズム”の潮流の中で、阪急電鉄創業者・小林一三が創設した宝塚歌劇団の本拠地、華やかな『歌劇の街』—宝塚市。
1900年代初頭、当時東京を上回る経済都市であった「大阪」と東洋最大の港湾都市であった「神戸」は、発展の裏側で急激な住環境の悪化が問題となっていました。快適な住環境の創造の為に、北摂の丘陵地に鉄道が引かれ、阪神の豪商の邸宅が建築されました。続いて当時のインテリ層や文化人が多く移り住み、それに伴い様々な文化・教育・社交場として歌劇場をはじめとする娯楽施設が造られ、西洋文化の影響を受けた生活を楽しむ独自の生活様式が育まれたのです。そんな成熟した憧憬の住宅地「宝塚」に、パナホームが宝塚の魅力と住みやすさの共存を提唱。利便で快適な「住む宝塚」をテーマに、新しい宝塚スタイルがはじまります。
 


Information

Information


コンセプト
アクセス
タウンプランニング
ロケーション
内装・設備ほか

※掲載の航空写真は一部CG処理を施しており実際とは多少異なります。2017年2月撮影。

 
 
資料請求はこちら
 
 
 
 
 
 
資料請求はこちら
  
 0120-43-8746