マイホームは購入時がスタート地点であり、そこから数十年におよぶ家族の生活が始まります。 ハウスメーカー各社が販売する住宅では、購入後のマイホームに長く安心して暮らしていただくために、販売後の定期的な点検・メンテナンスが充実しています。
「ハウスメーカーの家は安心」という評判は、今までの販売実績に基づく確かな商品力と、ひとつひとつの家族に対する入居後のサポートが築き上げた信頼によるものだと言えます。

では、もし将来的に家を売却する場合に、その「安心」という住まいの価値を評価できればどうでしょうか?
建物を建築し、点検・手入れを通じて見守り続けたメーカー自身がその価値を市場に評価させることができれば、「資産価値」という観点でも建築後の住まいを守ることができます。

販売した住まいの価値を守りたい、そして良質な既存住宅を流通させたい。
そのような想いをもった大手ハウスメーカーが協力して生まれたのが「スムストック」です。

スムストックは、ハウスメーカー10社によって構成される協議会です。
協議会によって定められた基準により、きちんとメンテナンスされた建物として査定された住まいは、「スムストック」として建物本来の価値を正しく評価されます。

「スムストック」を支える3つの条件
住宅履歴データを保有している住宅

住宅履歴は、新築時の設計図や設備、メンテナンス、リフォームの記録、定期点検の結果等をまとめた情報です。点検の結果等を記録することにより、将来の問題を予見し、計画的にメンテナンスをすることが可能となります。また、売却時にはこの住宅履歴があることで、購入者が安心して住宅を購入することができます。査定価格にも良い影響を与えることにもつながります。

50年以上の長期点検・補修制度に対応する住宅

なぜ住宅には自動車の「車検」にあたるものがないのでしょう。マンションは共同住宅であるため「長期修繕計画」を作ることが定められており、計画通りの運用を求められます。それに対して戸建住宅は定期点検が制度として義務化されていません。大切な住宅を守るため、住宅メーカーによる長期的な点検が大切であると考えています。

一定の耐震性能を備える住宅

地震は避けることのできない災害です。スムストックは、1981年改正の建築基準法で定められた耐震性能(新耐震基準)をクリアし、安心して暮らせる家であることを最低基準として定めています。なぜなら、私たちが考える住宅の基本性能でもっとも大切な要素は、耐震性能だと考えているからです。

スムストックの査定方式
1 スケルトン、インフィルに分けて査定

一般的な査定方法では、躯体と内装・設備が別々に査定されることはほとんどありません。その結果、丈夫な躯体の価値が評価されないことがあります。「スムストック」は、[スケルトン(躯体)]と[インフィル(内装・設備)]の償却年数を区分して査定することで、建物本来の価値を正しく評価できると考えています。査定額は独自の計算式と数多くのチェック項目を基に算出します。

2 建物知識を持ったプロが査定

日本の住宅には様々な工法が採用されており、一般の不動産業者には把握しきれません。きちんとした査定を行うためには、各社の工法や構造、メンテナンスについての詳しい知識を活かして住宅の価値を評価できる査定者が必要です。「スムストック」は、協議会認定の研修カリキュラムを修了した「スムストック住宅販売士」の資格を持つ者だけが査定や販売業務を行えるようルールを設定しています。

3 土地と建物を分けて価格を表示

一般的には総額表示されるケースが多い中、「スムストック」は、土地と建物の価格を別々に表示します。それぞれに価格が明確になることで妥当かどうかの判断がしやすくなり、信頼性も高まります。

優良ストック住宅推進協議会では、既存の優良ストック住宅流通の活性化と適切な市場形成を目指し、
住宅供給会社10社とその関係不動産会社で運営されております。

住宅供給会社

  • 旭化成ホームズ株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • トヨタホーム株式会社
  • パナホーム株式会社
  • ミサワホーム株式会社
  • 三井ホーム株式会社
  • 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

関係不動産会社

  • 旭化成不動産レジデンス株式会社
  • 住友林業ホームサービス株式会社
  • セキスイハイム不動産グループ
  • 積和不動産グループ
  • 日本住宅流通株式会社
  • トヨタホーム販売会社
  • パナホーム不動産株式会社
  • ミサワホームグループ
  • 三井ホームエステート株式会社
  • ヤマダ・エスバイエルホームグループ
優良ストック住宅推進協議会「スムストック」公式サイトはこちら