SECURITY

日常の安心をしっかりとガードするセキュリティシステム。

エントランスや各住戸玄関を含め確かなセキュリティガードを実現しました。
先進の防犯システムを採用、来訪者を住戸内のカラーモニターで確認できるなど、セキュリティシステムが日々の安心を守ります。

  • 不測の事態に対処するセキュリティシステム
    万一の災害や非常時に迅速に対応できるよう、警備会社と提携した24時間セキュリティシステムを採用。各住戸は管理室、警備会社とオンラインで結ばれ、火災や非常警報を感知するとスピーディに的確な対処がなされます。

    玄関ドアの上下2ヵ所で施錠できる
    ダブルロックの鎌式デッド本施錠により
    目視での犯罪抑止効果と
    ピッキング・バールでのこじ開けなどの
    侵入に対し効果を発揮します。

    • 鎌式デッドボルト
      バールこじ開けに強い鎌式デッドボルト。鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にがっちりとかみ合い、こじ開けにくい構造となっています。
    • 防犯型サムターン
      ボタンを押して、回すというツーアクションで使用する為、針金などで引っ掛けて回すといったサムターン回しを防止します。
    • ダブルロック
      玄関ドアの上下2ヵ所で施錠できるダブルロック仕様としました。不法に解錠しようとしても時間がかかるため、防犯効果も高まります。
    • 防犯カメラ
      駐車場やエレベーター内などに防犯カメラを設置。防犯効果を高めるとともに、画像は録画され、一定期間保存され万一の場合に対応します。
    • ノンタッチキー
      エントランスのドアは、集合玄関機のセンサーにキーをかざすだけで解錠でき鍵穴にキーを差し込む手間を省きます。
    • オートロックシステム
      エントランスには、不審者侵入を防止するオートロックシステムを採用。来訪者を映像と音声で確認できる住戸内のカラーモニターインターホンには、録画機能もついており、不在時にも来客の姿を動画録画できるので安心です。
    • F22シリンダー
      各住戸の玄関ドアには約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製が極めて困難なF22シリンダーを採用。キーはリバーシブルで使いやすいディンプルキーです。また、「ユーザーカード方式」を設け、カード提示がない限りキーの複製ができないようになっています。

STRUCTURE

永続する安全を求めた、建物を守り抜く妥協のない基本構造。

  • 見えない部分にも上質にこだわった確かな基本性能と品質管理。
    目に見えない基本構造にもこだわりを重ね、揺るぎない強さと安全と安心を守る品質を追求しています。建物の強度を高め、確かな耐震性能と耐久性能を実現する杭基礎工法、柱・壁構造を採用。安心のクオリティの証となる、国が指定した第三者評価機関による審査により、品質の信頼性が裏付けられる「住宅性能表示制度」を申請し取得を予定しています。
    • ダブル配筋
      主要な壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋としています。シングル配筋に比べ、より高い強度と耐久性を実現します。
    • 外 壁
      外壁コンクリート厚は約150mmとし、室内側はコンクリートに断熱材吹付、プラスターボードを重ねた上にビニルクロスを貼り、断熱効果を高めます。
    • 戸境壁
      住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造とし、厚さは約200~260mmを基本としています。これにより高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。
    • 排水管の遮音対策
      排水管には遮音シート・グラスウールを巻くことで、水などが配管を通る際の音も気にならないように配慮しました。
    • コンクリートかぶり厚
      構造体の耐久性を保つためには、鉄筋の表面を覆うコンクリートの適切な厚みが必要です。そこでコンクリートかぶり厚は約30~50mm確保し、耐久性を保っています。※部位、仕上げ状態により異なります。
    • コンクリート強度
      コンクリートの強度を24~36N/mm²としました。水セメント比を50%以下、単位水量の低減、適切なかぶり厚など対策を組み合わせることにより耐久性を向上します。
      ※杭・外構等を除く
    • 対震ドア枠
      万一の地震の際に玄関のドア枠が多少変形してもドアが開きやすくするために、ドアとドア枠の間に変形に対応できるよう隙間を設けています。また、ドアガードも、ドア枠が多少変形しても引っかからないような形状とし、施錠時に地震が発生しても開錠しやすいよう配慮しています。
    • ダイヤモンド
      ボイドスラブ工法
      ボイドスラブ工法を採用。スラブの剛性を高め、天井の小梁が出ないようにしました。スラブ厚も約250~275mm(一部除く)を実現し、床衝撃音防止にも優れた効果を発揮します。小梁がないと視覚的にも広さを感じるだけでなく、デッドスペースが発生しにくく、家具のレイアウトも自由自在。この工法の採用で、各居室(キッチン・玄関・廊下・水廻りを除く)の天井高は約2.5mの高さを確保。その天井の高さが空間の開放感と広がりを高めます。
      ※一部下り天井があります。
    • スロップシンク
      バルコニーには、スニーカーやアウトドア用品などを洗ったり、植物の水やり、ガラス拭きなど掃除に便利なスロップシンクを設置。
  • 杭基礎工法
    強固な支持地盤へ基礎杭を打ち込み、高い耐震性を実現しました。
    万一の地震発生時にも建物をしっかりと支え、ご家族の安全を守ります。
    インターネット環境
    各住戸に電話・テレビ(地上デジタル、BS・110°CS)の接続端末をまとめた「マルチメディアコンセント」を設置。
    ※BS・110°CS放送の加入料、受信料、接続専用チューナーおよびサービス料は各自のご負担となります。一部視聴できない番組があります。※インターネット接続「フレッツ光ネクストマンションタイプ」「メガエッグ光マンション」より選択できます。※サービス会社により、屋内配線工事、配線使用料、回線終端装置使用料、プロバイダ利用料金等が必要になります。
  • 外観完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので形状・色等は実際とは異なる場合があり、
    今後施工上の理由等により変更になる場合があります。また、外観形状の細部、設備機器、配管類等の表現及び周辺建物・電柱・電線等につきましては省略しています。